にんにく卵黄の効果

スポンサードリンク

にんにく卵黄の効果

にんにくと卵黄の2大効果をあわせもつにんにく卵黄。にんにくと卵黄、どちらもそれぞれの効能としてよく知られているのは、疲労回復や滋養強壮です。

 

にんにくには、天然のスタミナ成分といわれ、糖質の分解を促す硫化アリルの一種であるアリシンが含まれており、身体の中でビタミンB1と結合し、疲労を回復させる効果をもっています。

 

仕事や、学校などで日々、疲労がたまって解消されていないという人は、毎日のにんにく卵黄の摂取を習慣とすることによって、積極的に疲れのたまりにくい健康な身体をつくっていきましょう。

 

血行を促進し、冷え性や血栓を防いで動脈硬化の予防にも効果的とされ、身体の緊張をほぐしてリラックスさせ、体内環境を正常化する働きがあるとされています。

 

アリシンはまた、強い殺菌作用で、結核菌をじはじめ、ブドウ球菌、さらにO157に対する殺菌力も実証されている成分です。

 

さらににんにくに含まれるスコルジニンという成分は、新陳代謝を促進する作用があり、こちらも疲労回復や体力増強に効果があると言われます。

 

肩こりを緩和したり、眠気やだるさを軽減してくれる効果もあります。

 

最近になって、新たににんにくの成分であるメチルアリルトリスルフィドが発見され、血小板の凝固を抑えて心筋梗塞や脳卒中の予防にも効果があると発表されています。

 

卵黄には、悪玉コレステロールを撃退する効果があるレシチンが含まれています。血液をサラサラに保つだけでなく、脳内の神経伝達をなめらかにして、アルツハイマーの予防にも効果的だそうです。

 

卵黄には、毎日、意識的に摂るようにしたいレシチンをはじめ、免疫力を高める成分やビタミンA(カロテン)、

 

肌を保湿してにきびを治すビオチンや肌への美白効果のあるビタミンB12、抗酸化作用にも優れ、美肌効果もある若返りのビタミンと呼ばれるビタミンE、など、数えきれないほどの栄養素が含まれています。

 

にんにく卵黄は、にんにくと卵黄という2大栄養分ががっちりとかみあって、その相乗効果が新陳代謝を向上させ、細胞を活性化する働きをしてくれる最強のサプリメントともいえます。

スポンサードリンク

更新履歴